So-net無料ブログ作成
検索選択

前につぶやいた事について

随分前にNTRについて書くとか言ってたのでうんたら色々適当に書く

NTRってさいいよね
寝取られた側、寝取る側、そしてやられている女性
どのような構図なのかはそれぞれだけども
どうしようもない事が原因でやるハメになって、どんどん堕ちていく表情の変化が大好きだ

例えば上司にやられて、最初は嫌だったけど堕ちていく
最終的には旦那を切り捨てる

ありがちだけどとても好き。

あとやっている最中に目の前に寝取られる側がいるのも好きだし
後々ビデオで知って後悔するのも大好き

寝取る側が以下にして籠絡していくかというのも大好き

お酒飲みながら書いてるのと頭が悪いのも合わさってとても文章が変だけども

この三視点から楽しめるNTRはとても素晴らしいものだと思う

もちろんリアルでやられたら寝取りした側を絶対に許さないだろうが
二次元なら話は別。なんでもアリ、区別がつけられるから。

じゃあなんでその三視点が好きなんだって話なんだけども

1女性の側 これは視点ってよりもただのプレイ。
こう書くとただのエロ漫画で抜いてるだけって思うかもしれない。
でもここが大事なんだよね。

シチュエーションが違くてもやってるプレイがあれだったらまったく燃えない
中身はいいけど絵柄が合わないみたいなものになってしまう。
これはその絵柄に相当する部分だと思ってる。
あと表情。悔しさと快感でわけがわからない顔、すべてを受け入れて堕ちきったとろけた顔
表情はとても大事です。あと背徳感。これは女性側でしか味わえないかもしれない。
男性側のはシチュにもよるけど僕は基本的に自分本位のモノばかり読むからね、背徳感なんて感じてないことは多い。

2寝取る側 これはそのストーリーにもよるんだけど、どっちの視点から書かれてるかで色々変わってくる。例えば寝取る側の心理とか描写がなされてるならそのまま感情を入れて読めば入り込める
逆に寝取られる側の描写がなされているなら、自分が寝取る側になったつもりで、そこにないものを生み出しながら読むことができる。

間接的に見下す対象を生み出し、自分を優位に立たせ、虚像を相手に威勢をはる
まぁ二次元だから全て妄想の産物以外なんでもないんだけど
そういう所にすっきりした部分や、自分の暴力的な部分を発散することができる。

3寝取られる側 これは多分自分がそういった寝取る側の視点で読むことが多かったからこそ興味をもってしまった。またそこからこの視点を味わうことでNTRについて楽しむ心ができてしまったんだと思う。
寝取られる側っていうのは基本的に何かが足りない事が多い。ナニの大きさだったり、金だったり。自分の無力さ故に自分の大事なものを奪われる。そうして目の前で晒される自分の大事なモノが奪われ、相手のものになっていく姿を魅せつけられる。こんなに悔しいことはない。この悔しさと、それでもやはり愛した女性のモノだからこそ興奮してしまうカナシミ、そこで彼女を快感に追いやっているのは自分ではない、絶対的に自分よりも強い雄がいるという絶望。悔しさ、カナシミ、絶望。これらがとてつもなく苦い、苦くて痛い。この苦さと痛さが体にまとわりついて逃げられない感覚がとてもいい。

これだけ書くとMのようにも思えるし頭おかしいと思われるかもしれない

もちろんNTRがすきってだけで頭はおかしいのだけれども。

でもこの暴力的な部分と痛みの部分が両方一気に頭に入ってくると、両方の甘さを感じる事ができる。その甘さが興奮になり、さらに女性の表情や心理描写が拍車をかけてくる。

だからこそとてもいいとてもいいのだ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。